ショッピング枠現金化業者の売上の仕組みとは?

ショッピング枠現金化業者の売上の仕組みとは?

ショッピング枠現金化の還元率としてよく97%などという数字が見られます。

 

しかし、クレジットカード加盟店はクレジットカード会社に売り上げた商品の3%もしくは5%を納めなくてはならないので、97%では利益が出ないように思えます。

 

具体例を出します。

 

還元率とはキャッシュバックで支払われるお金のことを指しているので、例えば5万円でクレジットカード決済を行ったとすると、業者は4万8500円をキャッシュバックで支払い、3%であれば1500円を、5%であれば2500円をクレジットカード会社に納める必要があります。

 

これでは売り上げどころか赤字になってしまいますね。

 

この数字には仕掛けが存在しているのです。

 

どのような仕組みかといいますと、クレジットカードのショッピング枠の最大額まで借りた場合は表と照らし合わせると97%になるよと言っているのです。

 

その最大額とは何百万といった数字になるので、実際そんな額を借りるのであれば消費者金融から借りるか、借金せずともなんとか出来る財産があると考えられるので、そういったケースが無いことを見越しての設定をしているのです。

 

実際に何百万借りると言ったケースがあったとしても、なんとか95%よりも低い数字の還元率を提示しようとしてくるはずです。

 

そして5万円程度であれば、還元率は80%くらいであるということが言われています。

 

4万円しかキャッシュバックされないのですね。

 

これだと業者は7500〜8500円の利益を出すことができます。

 

1回の取引に必要な時間が5〜10分程度なので、単純計算でも1時間に5〜10万の利益が出る計算になります。これは荒稼ぎできるとても効率のいい商売であることがわかると思います。

 

切羽詰っていたとしても、消費者金融からお金を借りた場合と比べて時間的にそんなに差が出るわけでもないのでこのような業者からお金を借りるよりは消費者金融からお金を借りたほうが良いと言えるでしょう。

 

消費者金融というと一昔前の闇金やサラ金といったイメージがありますが、確かに銀行や信販系の金融業が16%程度の利息を付けていなかったのに対して、29%などの高い利息を取っていた時代もありました。

 

しかしそれも貸金業法の法改正により改善されています。

 

イメージは悪くとも現在の消費者金融は合法的な利子しか付けられないので安全で安心なのです。

 

また、そんなに切羽詰っていないというのであれば信販会社や銀行からフリーローンを組むといったことも考えられます。

 

実のところショッピング枠現金化は暴利ですので、利用しないようにしましょう。