ショッピング枠現金化のメリットを裏返すと見える事

ショッピング枠現金化のメリットを裏返すと見える事

ショッピング枠現金化は、クレジットカードのショッピング枠を換金することができるサービスです。

 

自分自身で行う手間の掛かる方法もあるのですが、今回はショッピング枠現金化業者について見ていきたいと思います。

 

お店上では「9●%」などと高換金率を提示していますが、これはあくまで「最大」の数値を示しています。

 

この最大換金率で借り入れが行える場合というのは、クレジットカードのショッピング枠の上限ぎりぎりの現金を借り入れるような時で、その額はおよそ4、500万円に達しないと実現できない話です。

 

このような額を実際に借りる人は返済能力によほど自信があるか、踏み倒す気満々の人くらいしか想像できませんよね・・・サイトで提示されている最大換金率とは、実際にそれだけの額を借りる人が存在しない「形だけ」の数字となっているわけです。

 

なぜこのような「形だけ」の数字を提示しているのか、それはやはり少しでも高く現金化できるサイトからお金を借りたいという利用者の心理を狙っているからなのでしょう。

 

実際に借り入れを行える換金率は80%程度なので、あまり期待はできず、消費者金融から借りたほうが損をしなくて済むというのが現実です。

 

また、ショッピング枠現金化業者はその仕組み上、決済代行会社の加盟店になっている必要があります。

 

決済代行会社はこうしたショッピング枠を利用したサービスを認めていないので、どのような仕組みで加盟店となっているかまではわかりませんが、加盟店として機能していることは確かです。

 

ショッピング枠現金化業者の謳い文句である「審査不要」「24時間対応」「即日換金」といった言葉は、クレジットカード会社で既に審査を受けて発行されているのだから「審査不要」で、電話では無く入力フォームから申し込めるというだけで「24時間対応」と謳い、業者が「即日換金」を行ってくれているということになります。

 

謂わば、普通の決済取引の特権に少し話を盛った内容を謳っているに過ぎず、ショッピング枠現金化業者ならではのサービス内容を書いているわけではありません。

 

ショッピング枠現金化業者とはクレジットカード会社と利用者との仲介を行っている立場で利益を出していて、そして高換金率を提示しておきながら実際はそれほど高い換金は行っていないということがわかると思います。

 

しかし、「審査不要」「24時間対応」「即日換金」「高換金率」という甘い言葉の誘惑に負け、結果としてお金を借りている方が多く存在していることが現実なのです。