債務整理のひとつである特定調停について

債務整理のひとつである特定調停について

債務整理のひとつである特定調停なのですが、特定調停に関してはあまり見聞きしたことがないという方も多いでしょう。

 

他の債務整理の方法に比べると、あまりインパクトのない方法かもしれませんが、特定調停についてもしっかりと理解しておきましょう。

 

そもそも特定調停とは?

特定調停では、借金問題を抱えている方が裁判所へと申し立てをして、金融機関との話し合いの仲裁をしてもらいます。

 

基本的に借金問題を抱えている本人と貸し付けをおこなっている金融機関との交渉になるのですが、裁判所はそれを仲裁する役割です。

 

だいたい3年から5年で返済できる金額まで借金を減額してもらうように交渉するのですが、言ってしまえば金融機関との和解のための手続きでもあります。

 

話し合いがまとまれば借金への督促もストップしますし、借金も減額されることになります。

 

裁判所はあくまでも仲裁する立場になりますので、他の債務整理の方法とはこの点が違ってきます。

 

借金問題で困っている方の中には、金融機関へ直接連絡を入れて交渉したことのある方もいるでしょう。

 

しかしながら、基本的にはマニュアル通りの対応しかしないものです。

 

同情してくれることがあっても、譲歩してくれることはないでしょう。

 

ただ、特定調停という形にすれば、金融機関の反応も変わってくるのです。

 

特定調停に向いている方

では、どのような方が特定調停に向いているのでしょうか。

 

まず、平日の昼間に裁判所へ行くことのできる方です。

 

話し合いで裁判所へ行くことになりますので、そのための時間が確保できるのなら特定調停も十分可能でしょう。

 

あとは、弁護士や司法書士といった専門家への費用を節約したいという方、調停のための知識を持っている方、これから知識を身につけられる方も特定調停に向いているといえるでしょう。

 

特定調停は流れだけを見ると、非常に簡単に思えるかもしれません。

 

しかしながら、実際にはかなりの時間がかかりますし、裁判所へ出向く必要もありますし、専門的な知識も必要になってきます。

 

特定調停のために時間をかけられる方や労力をかけられる方であれば、基本的には特定調停に向いているといえるでしょう。

 

逆に言えば、忙しくてそれらが確保できない場合には特定調停というのは難しくなってきます。