ショッピング枠を換金する手段をまとめました

ショッピング枠を換金する手段をまとめました

クレジットカードのショッピング枠を利用してお金を換金することができます。

 

このようなやり方はショッピング枠現金化と呼ばれています。

 

方法としては、現金化を行う業者とクレジットカードのショッピング枠を使って取引することで現金を手にいれたり、商品券やゲーム、ブランド品などをネットで購入してネットで転売したり、近くのショップで売ったりして換金したりといったやり方があります。

 

現金化業者を利用した場合は、「キャッシュバック方式」と言われるやり方と「買い取り方式」と言われるやり方があります。

 

「キャッシュバック方式」とは、業者に指示されたサイトからキャッシュバック付きの商品をクレジット決済で購入することでキャッシュバック=現金を手にいれることができる方法です。

 

「買い取り方式」とは、業者に指示されたサイトから商品をクレジット決済で購入し、その商品を出品して業者に買い取り直してもらうことで現金を手にいれることができる方法です。

 

今あるショッピング枠現金化業者の中では「キャッシュバック方式」を使ったやり方が多く採用されているようです。

 

一方、自分で商品券やゲーム、ブランド品などをネットで購入して売る方法は全てを自分で行う為に手間がかかりますが、誰にも知られることなくこっそりと現金化が行える点がメリットといえるでしょう。

 

しかし、この業者を通す方法と自分で現金化を行う方法のどちらも実は危険なのです。

 

どこが危険なのかピンと来ない方も多いかと思いますが、問題はクレジットカードを使用しているところにあります。

 

クレジットカードで購入した商品というのは、クレジットカードでの返済が終わるまでは実はその所有権というのがクレジットカード会社にあるのです。

 

現金化とはクレジットカードの支払いを行う前に現金を手にいれる方法ですから、この所有権を無視した行為をしていることになります。

 

これは「横領罪」に問われる危険があります。

 

発行元が所有しているものを売るわけですから当然の事ですよね?そしてショッピング枠を利用したお金の換金を発行元は利用規約で禁じているので、ショッピング枠現金化を行ったということがばれればそれは「詐欺罪」という罪に問われることとなります。

 

今まで発行元から実際に訴えられたという人はいませんが、だから無実というわけではなく、れっきとした犯罪行為との呼び声も有りますから、今は大丈夫なのかもしれませんが次第に無くなっていくサービスであると言えそうです。