ショッピング枠現金化は未成年だと利用できない!

ショッピング枠現金化は未成年だと利用できない!

クレジットカードは高校生を除く18歳以上の人であれば申し込みすることができます。その後クレジットカード会社で審査を行い、審査が通れば晴れてクレジットカードを持つことができるのです。昔はクレジットカードといえば持っているだけでステータスの証になる代物でしたが、現在は学生専用カードなどが登場し、大学生でも気軽にクレジットカードを持てる時代になりました

 

ところで、ショッピング枠現金化はクレジットカードを持っていれば利用することができるということで、クレジットカードを持つことができる18歳以上であれば利用できるのかと考える人もいるのではないでしょうか。

 

答えは、ノー、です。未成年がショッピング枠現金化を利用することはできません。

 

正確に言えば、ショッピング枠現金化業者の中で、未成年の利用をよしとしているところがないということです。未成年がショッピング枠現金化業者に申し込んだとしても、断られるのがオチです。

 

成年であればクレジットカードを持つ際の契約は自分一人で行えますよね。これが未成年の場合は、親の承諾があって初めてクレジットカードを契約することができます。

 

つまり、クレジットカードを持つ際に保護者の承諾というクッションがあります。クレジットカードの利用で何か問題が起こった際は、保護者の存在がでてきてもおかしくはないということです。

 

ショッピング枠現金化自体クレジットカード会社の規約には違反する行為です。未成年でショッピング枠現金化をして問題が起こった際は、もちろん保護者に頼るほかありません。保護者がでてくれば当然クレジットカード会社にショッピング枠現金化をしたことが伝わるはずです。

 

ショッピング枠現金化業者としてのリスクはクレジットカード会社に利用が伝わることです。未成年の利用はこの問題に発展しやすいといえるがために、未成年の利用を断っているのです。

 

もし未成年でも利用をしたいと考えているならば、業者を利用する方法はとれません。その際は自分で行う方法もありますが、そもそも当サイトは未成年が利用することをおすすめしません。
クレジットカードの一番いい利用方法は、信用を築くことにあります。俗にいうクレジットヒストリーと呼ばれるクレジットカードの支払い履歴をきれいにしておくことで、今後のローン申請などの金融商品を問題なく利用できるというメリットがあります。特に未成年であれば今後の人生で車や家を購入する際にローンを組むことが必要になる場面が多いことでしょう。

 

正しい金銭感覚を養うためにも、ショッピング枠現金化を利用しないことをおすすめします。