ショッピング枠現金化の新しい仕組みが終わりを迎える

ショッピング枠現金化の新しい仕組みが終わりを迎える

近年は従来型のショッピング枠現金化方法よりも、事業者側のリスクヘッジと新たな広告展開を可能とするAmazonギフト券を換金する仕組みが広く導入されています。

 

中には取り入れていない業者もあるようですが、いずれにしても換金が目的な事は変わっておらず、あくまでも消費者目線からよりダーティーなイメージを払しょくさせるための戦略と、これまでショッピング枠現金化を謳った広告展開に規制が掛かっていたために、これを突破する目的でも導入された経緯が推測されています。

 

際立って業者側の決済に関するトラブルは全てAmazon側に責任の所在が発生しますので、決済手数料を決済代行会社に支払いをすることも無くなり、業務内容としても非常に効率化できる仕組みとして、ギフト券を換金する市場が業者に出品を促しているという情報も比較サイトなどで既に確認されています。

 

ただ単純に市場を開いていても出品されるギフト券が無ければ意味が有りませんので、出品者ならびに消費者に周知させる事に広告費を投入しなければなりませんが、今現在のamatenの様に周知されたことによって固定客や新たなるギフト券の使い方として、次第に認知されるように至りました。

 

しかし、ここ近年はショッピング枠現金化のみならず、あらゆる商品やサービスの対価として現金で無くギフト券を決済手段として悪用されるケースが目立ち、特に振り込め詐欺関連で口座を止められるリスクを最小限に留めることが出来るとして換金市場を用いた資金洗浄に一役買っていることが予見されています。

 

そしてついに、金融機関が動いたのです。

 

詳細を言ってしまえば金融機関が独自に口座を凍結する事ももちろんですが、公安から要請が有ったことも推測され、換金市場側では会員向けのプレスでしか発表がされておらず、公けに今の状況を説明できない状態となっております。

  1. 楽天銀行
  2. ジャパンネット銀行
  3. ゆうちょ銀行

これらが現在凍結中と予想されており、公式ではシステムトラブルという名目で利用が出来ない状況を説明しておりますが、利用者の口コミを見ますとその口座を表示・確認出来ないようになっており、これをシステムトラブルという一言で表すことに疑問が消える事はないですよね。

 

これを裏付けるように、電子マネー・電子ギフト券を用いて詐欺を働いていたグループが一斉に摘発されており、捜査の詳細は明らかにされていないものの何等かの関連性を疑う余地は十分に出揃っている為に、換金市場が終わるという懸念がされています。

 

換金市場が無くなれば、Amazonギフト券買取タイプの業者は買取ったギフト券をAmazon内の商品を購入し、それを転売するほかないでしょう。