ショッピング枠現金化の人気が再燃する要素が始まりそう

ショッピング枠現金化の人気が再燃する要素が始まりそう

2016年の1月からマイナンバー制度が本格始動しますが、この制度に問題はないのでしょうか?他国で使用されている番号制度には大きくわけて3つの種類が存在しています。

 

ドイツのセパレートモデル、オーストリアのセクトラルモデル、アメリカ、スウェーデン、韓国のフラットモデルです。

 

このうち日本のマイナンバー制度はアメリカのモデルを参考にして考えられたと言われていますが、アメリカではこの制度が大きな社会問題となっており、「なりすまし犯罪」や「情報売買」「個人情報の拡散」「犯罪者に悪用される」などの行為が横行しているのが現状です。

 

日本での今回の導入にあたり、安全で心配が無いと政府は明言していますが、実際問題としてアメリカの事例を見る限りでは安心はできないと考えられます。

 

人知れず借金をしているが会社や周囲の家族・知人にはばれたくないという方は「情報売買」によりもっと肩身の狭い思いをすることになるかも知れません。

 

ましてや、これから借金・融資を受けるにはどうすればいいのかということを考えると不安ですよね?そこでショッピング枠現金化が総量規制依頼、再度金策の選択肢として注目が集まる事が予想されます。

 

ショッピング枠現金化もその関わりが発生する事が懸念されます。

 

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠の2種類があり、普通借金をする場合に使うのはキャッシング枠のことを想像されると思いますが、このショッピング枠現金化というものはショッピング枠を利用しての借金ができる為、会社や周囲から見ても借金をしているということがバレません。

 

どうしても用立てをしなければいけない、ジョーカーとしての担い手で有りますが、換金したお金につきましては所得扱いになる恐れが一つ懸念材料で有る事が考察され、今後の業者の対応に注目が集まります。

 

どの様な形で現金を手にするのか、内容を知らない限りは何も考えられませんので、換金手段についてご説明します。

 

ショッピング枠現金化には2種類の方法があります。

  1. キャッシュバック方式
  2.  

    利用者が業者から商品をクレジットカードで購入し、その商品のキャッシュバックが利用者の元へ還元されるというものです。

     

    商品も家に届きますので忘れないようにしましょう。

     

  3. 買い取り屋方式
  4.  

    これは業者が出品したものをクレジットカードで購入し、その後利用者が落札した商品を出品して業者に買い取ってもらうというものです。

     

    この方法だと商品が家に届くこともないので人の出入りが多い所にお住まいの方には便利だと思います。

還元されたお金、買取して受け取ったお金の取引が、今後どのように扱われるのか・・・まだ何とも言えないのが今現在の状況で有り、中には悪徳業者もいますので自己責任の要素はこれまでと変わる事は無いでしょう。

 

全体的に安心・安全なサービスとは言い難いですが、いざとという時は活用されることも選択肢の一つとして捉えてください。