ショッピング枠現金化における優良店の方程式とは

ショッピング枠現金化における優良店の方程式とは

ショッピング枠現金化というグレー感たっぷりの商売ですから、当然世間的評価はあまりよくないとされています。

 

この事はすでに何年も前から周知され、実際に逮捕者を生み出してもなお営業が続けられている業種であり、法の抜け道がまだある事を想像させます。

 

貸金業法等では厳格にこうしたサービスを違法とした扱いはしておらず、その他買取や景品表示に関連する法律もありますが、ショッピング枠の換金手段として買い物をする事が必要不可欠なワケですから、購入される商品のその後の行方など勝った人次第というところがポイントなのかもしれません。

 

送料の罠

見積もりの詳細の中で使われる項目の一つとして送料というキーワードが使われることがあります。

 

これは換金方法として挙げられるキャッシュバックと買取の両方に使われるのですが、ショッピング枠という特性上何かを購入し、何かが送られてくることを意味します。

 

Amazonギフト券を用いられている場合には、基本的にEメールアドレスでの取引で完了するために、もし、 このワードが店員の口から発せられた場合には「こいつをちょろまかしてやろう」という姿勢を表すものと理解して電話を切りましょう。

 

業者が換金に使っている商品によって大きさが異なる事は仕方がない事ですが、その商品に対して送料が高すぎる場合につきましても同じことが言えます。

 

振り込み手数料の罠

さらによく使われる名目として振り込み手数料が挙げられます。

 

皆さんはATMやネットバンキング等で振り込みをした経験はありますでしょうか?経験のある方ならご存知かもしれませんが、メガバンク以外の信用金庫やJA等の金融機関は割高ではあるものの、高いと言いましても数百円の世界です。

 

前述した送料につきましてはAmazonギフト券の場合には関係が無いということでしたが、此方は買い取ったお金を振り込む関係上すべての換金方法で関わってくる項目であると理解してください。

 

当然この項目に数千円以上もの見積もりを出す店員がいましたら、「利益を上げるためのカモにされている」と認識し、此方も一応丁寧に「やっぱりいいです」と断りを入れましょう。

 


 

優良店の方程式を比較サイト等で探したとしても、結果的に悪徳店だったら何も意味は有りません。

 

最終的な答え合わせが電話対応にある、と当サイトでは考えます。