Amazonギフト券現金化比較サイト、業者のリンクが消えてます

Amazonギフト券現金化比較サイト、業者のリンクが消えてます

新しいショッピング枠現金化の方法として一躍人気になったAmazonギフト券現金化ですが、最近その動向がどうも雲行き怪しくなっていることに皆さん気付いているでしょうか。

 

某Amazonギフト券現金化比較サイトを見てみると、その半分くらいはリンク切れになってました。でも業者のホームページはちゃんとあります。
これはどういうことかというと、比較サイトに載せているリンクは広告用のリンクで、そのリンクが切れていたということは広告を取りやめたということですね。

 

比較サイトに載っている業者は比較サイトにお金を出して、あたかも利用されているような紹介の仕方をしてもらっています。利用者がその紹介から申し込みをすると広告費として比較サイトにお金が渡るのです。

 

広告を取りやめたということになると、新しい利用者を募らないということになります。新規のお客を取らないと言うことは、そろそろ閉店準備が始まる業者なのかもしれません。

 

Amazonギフト券現金化は出てきた当初はそれこそキャッシュバック方式のショッピング枠現金化業者よりも還元率が高く、クレジットカードが利用停止になるリスクもありませんでしたが、Amazonギフト券現金化は詐欺のマネーロンダリングの温床にもなりやすく段々と営業が問題視されていきました。

 

また、クレジットカード会社もAmazonギフト券が登場した当初は購入にそれほど口うるさくはありませんでしたが、Amazonギフト券の換金性が段々と高くなり、Amazonギフト券買取業者が増えていくと購入に制限をかけたり、あきらかに換金目的での購入の場合クレジットカードの利用停止、強制解約にまで踏み切りました。

 

この流れでAmazonギフト券現金化業者は一気にその数が減少しました。
今でもAmazonギフト券現金化を行っているのは、キャッシュバック方式を併用した業者か、もしくはその系列の御者でしょう。

 

Amazonギフト券現金化はそれこそ換金率はいいものの、購入した利用者にショッピング枠現金化の危険性を碌に説明しない業者ばかりです。クレジットカードは信用が第一。もしショッピング枠現金化をしたことが把握されてしまうと、今後クレジットカードが利用できないばかりか、新しく発行することも難しくなるでしょう。

 

利用するのは各々の自由ですが、消えゆく業者と一緒に自分自身も消えてゆく羽目になっては目も当てられません。
もしショッピング枠現金化を考えているのならば、そのリスクと危険性をしっかり説明してくれる業者を選んだ方がいいと言えるでしょう。