ショッピング枠現金化に潜む危険について

ショッピング枠現金化業者を比較する前に概要の把握を

ショッピング枠現金化に潜む危険について当サイトでは注意喚起を込める意味で開設しています。

 

このサービスの概要とは、ショッピング枠現金化を仲介する者とショッピングサイトを経由して取引を行うことで現金を手に入れることができる方法です。

 

また、商品券やゲーム、ブランド品の転売で現金を手に入れるといったことも含まれます。

 

換金を実現する為の手段として、大きく分けて2種類の方法があります。

  1. 購入した商品に高いキャッシュバックが付いていて、商品の購入と同時にキャッシュバックが銀行に振り込まれるタイプ
  2.  

  3. 指定された商品を落札した後、その商品を出品して業者に買い取ってもらうタイプ

2つを比較するとキャッシュバックが振り込まれるタイプのほうは手続きが簡単で、振り込まれるまでの時間もかかりません。

 

一方、業者に買い取ってもらうタイプは自分で商品を出品しなくてはならない為、アカウントの作成をする手間があります。

 

しかし、キャッシュバックタイプと違い、商品が手元に届くことなくショッピング枠現金化が行えるところが人によっては面倒ではないと考えるかも知れません。

 

商品券やゲーム、ブランド品の転売に関しては、一旦手元に届いた商品を売る形になります。

 

この為、ショッピング枠現金化業者を通す場合に比べて現金化できるまでに時間がかかり面倒ではありますが、自分で商品落札から店で売るまでの手続きを行うので詐欺を行う者に引っかかる心配がありません。

 

自分で実行するにしても第三者を通して換金するにしろ、この仕組みで金策を行っている人はこれらの方法のいずれかを使用していると思いますが、実はこの方法を使用している方は法を犯している可能性があるのです。

 

特に自分で実行された方の多くがお気付きかと思いますが、商品券やゲーム、ブランド品を売買した場合は自分の意思と行動でやっていることですので、どこに違法性があるのかで既にご承知の方は多いはず。

 

常に問題視されてしまう理由として、クレジットカードを使用している点にあります。

 

クレジットカード決済で購入された商品は、その返済が全て終わるまでは発行元ににその所有権があります。

 

その為、返済が終わる前に商品を手放してしまうことは「横領罪」として立派な犯罪行為になってしまいますよね?人から借りたものを勝手に売ってはいけません・・・それと同じことなのです。
また全発行元はショッピング枠現金化を規約で禁じていますので、換金をする行為自体が「詐欺罪」にあたります。

 

今まで利用者側が逮捕されたという例はないのですが、それは少額での立件が発行元にメリットがない為で、今後ショッピング枠現金化を利用する方が増えてくると、まとめて立件されるといった可能性が無いわけでもありません。

 

まず金策をする前に、このような危険が潜んでいることを覚えておきましょう。

 

ショッピング枠現金化は比較が肝心

 

同じショッピング枠現金化でもその方法や店員次第では、元々グレーと言われるサービスですが、よりブラック色を感じさせることもあります。

 

比較サイトも業者の数に匹敵するほどに確認が出来ますが、やたら特定業者で固まっていたり、メリットしか述べられていない記述を確認した場合のURL先を調べてみますと、何やらコード的な記述を発見することも有りますが、おそらく広告収入を目的に作られた比較サイトであると判断する事も出来ます。

 

しかし、ネットに詳しくない方(通称:情弱)の方がそのようなサイトを閲覧しても、その判別は極めて難しい作業です。

 

一昔前には、中高年はこのような通信端末を毛嫌いする方が多かったのですが、今では若者と変わらないように上手に使いこなす中高年が増えている中で、興味の有る事は何でも検索結果から導けることが良い事とは言え、閲覧するサイトによっては悪意あるスパムウェアがセットされていたり、ステマと呼ばれる嘘偽りの情報を流すページも有ります。

 

このように、私たちは常に誰もがWebに騙される危険性に晒されています。

 

ショッピング枠現金化に置きましては、比較サイトのランキングだけを気にしていれば問題無いと言う事は一切ありません。

 

初心者におけるミスリードを誘った誇大広告が多い為なのですが、「それじゃあ比較サイトの意味は何?」という話になってきますが、それはズバリ、掲載されているそのサイト独自の情報コンテンツを見る事が重要です。

 

情報量の多いショッピング枠現金化の優良情報サイトの数は限られています。

 

特に最近は、googleの検索結果の変動によって比較サイトの順位がバラついており、たまに中身が薄っぺらいのにも関わらずSEO対策をバッチリ決めた、サイト紹介しかされていないページが上位表示されているなど、お客さん目線で必要なページが露出されない現象が起きています。

 

おそらく、高い報酬を得ているのでしょうか?サイト管理者のFacebookやtwitterなどのSNSのリンクが有りましたので、閲覧させていただきましたが平日にも関わらず悠々自適な生活を送っているんだなと感じられる日記を見る事が出来ました。

 

我々が涎を垂らす程に羨ましい生活を実現されているのですが、その方が私利私欲で日々を送る事が出来ているのも、我々貧乏人のショッピング枠現金化比較検討者が業者で申込みして利用したことによる報酬ということです。

 

これで分かっていただけましたよね?本当に確認すべき比較サイトは情報量の多い特徴を持っており、その量が多ければ多いほど信用に値します。