ショッピング枠現金化に潜む危険について

ショッピング枠現金化業者を比較する前に概要の把握を

ショッピング枠現金化に潜む危険について当サイトでは注意喚起を込める意味で開設しています。

 

このサービスの概要とは、ショッピング枠現金化を仲介する者とショッピングサイトを経由して取引を行うことで現金を手に入れることができる方法です。

 

また、商品券やゲーム、ブランド品の転売で現金を手に入れるといったことも含まれます。

 

換金を実現する為の手段として、大きく分けて2種類の方法があります。

  1. 購入した商品に高いキャッシュバックが付いていて、商品の購入と同時にキャッシュバックが銀行に振り込まれるタイプ
  2.  

  3. 指定された商品を落札した後、その商品を出品して業者に買い取ってもらうタイプ

2つを比較するとキャッシュバックが振り込まれるタイプのほうは手 続きが簡単で、振り込まれるまでの時間もかかりません。

 

一方、業者に買い取ってもらうタイプは自分で商品を出品しなくてはならない為、アカウントの作成をする手間があります。

 

しかし、キャッシュバックタイプと違い、商品が手元に届くことなくショッピング枠現金化が行えるところが人によっては面倒ではないと考えるかも知れません。

 

商品券やゲーム、ブランド品の転売に関しては、一旦手元に届いた商品を売る形になります。

 

この為、ショッピング枠現金化業者を通す場合に比べて現金化できるまでに時間がかかり面倒ではありますが、自分で商品落札から店で売るまでの手続きを行うので詐欺を行う者に引っかかる心配がありません。

 

自分で実行するにしても第三者を通して換金するにしろ、この仕組みで金策を行っている人はこれらの方法のいずれかを使用していると思いますが、実はこの方法を使用している方は法を犯している可能性があるのです。

 

特に自分で実行された方の多くがお気付きかと思いますが、商品券やゲーム、ブランド品を売買した場合は自分の意思と行動でやっていることですので、どこに違法性があるのかで既にご承知の方は多いはず。

 

常に問題視されてしまう理由として、クレジットカードを使用している点にあります。

 

クレジットカード決済で購入された商品は、その返済が全て終わるまでは発行元ににその所有権があります。

 

その為、返済が終わる前に商品を手放してしまうことは「横領罪」として立派な犯罪行為になってしまいますよね?人から借りたものを勝手に売ってはいけません・・・それと同じことなのです。
また全発行元はショッピング枠現金化を規約で禁じていますので、換金をする行為自体が「詐欺罪」にあたります。

 

今まで利用者側が逮捕されたという例はないのですが、それは少額での立件が発行元にメリットがない為で、今後ショッピング枠現金化を利用する方が増えてくると、まとめて立件されるといった可能性が無いわけでもありません。

 

まず金策をする前に、このような危険が潜んでいることを覚えておきましょう。

 

ショッピング枠現金化は比較が肝心

 

同じショッピング枠現金化でもその方法や店員次第では、元々グレーと言われるサービスですが、よりブラック色を感じさせることもあります。

 

比較サイトも業者の数に匹敵するほどに確認が出来ますが、やたら特定業者で固まっていたり、メリットしか述べられていない記述を確認した場合のURL先を調べてみますと、何やらコード的な記述を発見することも有りますが、おそらく広告収入を目的に作られた比較サイトであると判断する事も出来ます。

 

しかし、ネットに詳しくない方(通称:情弱)の方がそのようなサイトを閲覧しても、その判別は極めて難しい作業です。

 

一昔前には、中高年はこのような通信端末を毛嫌いする方が多かったのですが、今では若者と変わらないように上手に使いこなす中高年が増えている中で、興味の有る事は何でも検索結果から導けることが良い事とは言え、閲覧するサイトによっては悪意あるスパムウェアがセットされていたり、ステマと呼ばれる嘘偽りの情報を流すページも有ります。

 

このように、私たちは常に誰もがWebに騙される危険性に晒されています。

 

ショッピング枠現金化に置きましては、比較サイトのランキングだけを気にしていれば問題無いと言う事は一切ありません。

 

初心者におけるミスリードを誘った誇大広告が多い為なのですが、「それじゃあ比較サイトの意味は何?」という話になってきますが、それはズバリ、掲載されているそのサイト独自の情報コンテンツを見る事が重要です。

 

情報量の多いショッピング枠現金化の優良情報サイトの数は限られています。

 

特に最近は、googleの検索結果の変動によって比較サイトの順位がバラついており、たまに中身が薄っぺらいのにも関わらずSEO対策をバッチリ決めた、サイト紹介しかされていないページが上位表示されているなど、お客さん目線で必要なページが露出されない現象が起きています。

 

おそらく、高い報酬を得ているのでしょうか?サイト管理者のFacebookやtwitterなどのSNSのリンクが有りましたので、閲覧させていただきましたが平日にも関わらず悠々自適な生活を送っているんだなと感じられる日記を見る事が出来ました。

 

我々が涎を垂らす程に羨ましい生活を実現されているのですが、その方が私利私欲で日々を送る事が出来ているのも、我々貧乏人のショッピング枠現金化比較検討者が業者で申込みして利用したことによる報酬ということです。

 

これで分かっていただけましたよね?本当に確認すべき比較サイトは情報量の多い特徴を持っており、その量が多ければ多いほど信用に値します。

クレジットカードは高校生を除く18歳以上の人であれば申し込みすることができます。その後クレジットカード会社で審査を行い、審査が通れば晴れてクレジットカードを持つことができるのです。昔はクレジットカードといえば持っているだけでステータスの証になる代物でしたが、現在は学生専用カードなどが登場し、大学生でも気軽にクレジットカードを持てる時代になりました

 

ところで、ショッピング枠現金化はクレジットカードを持っていれば利用することができるということで、クレジットカードを持つことができる18歳以上であれば利用できるのかと考える人もいるのではないでしょうか。

 

答えは、ノー、です。未成年がショッピング枠現金化を利用することはできません。

 

正確に言えば、ショッピング枠現金化業者の中で、未成年の利用をよしとしているところがないということです。未成年がショッピング枠現金化業者に申し込んだとしても、断られるのがオチです。

 

成年であればクレジットカードを持つ際の契約は自分一人で行えますよね。これが未成年の場合は、親の承諾があって初めてクレジットカードを契約することができます。

 

つまり、クレジットカードを持つ際に保護者の承諾というクッションがあります。クレジットカードの利用で何か問題が起こった際は、保護者の存在がでてきてもおかしくはないということです。

 

ショッピング枠現金化自体クレジットカード会社の規約には違反する行為です。未成年でショッピング枠現金化をして問題が起こった際は、もちろん保護者に頼るほかありません。保護者がでてくれば当然クレジットカード会社にショッピング枠現金化をしたことが伝わるはずです。

 

ショッピング枠現金化業者としてのリスクはクレジットカード会社に利用が伝わることです。未成年の利用はこの問題に発展しやすいといえるがために、未成年の利用を断っているのです。

 

もし未成年でも利用をしたいと考えているならば、業者を利用する方法はとれません。その際は自分で行う方法もありますが、そもそも当サイトは未成年が利用することをおすすめしません。
クレジットカードの一番いい利用方法は、信用を築くことにあります。俗にいうクレジットヒストリーと呼ばれるクレジットカードの支払い履歴をきれいにしておくことで、今後のローン申請などの金融商品を問題なく利用できるというメリットがあります。特に未成年であれば今後の人生で車や家を購入する際にローンを組むことが必要になる場面が多いことでしょう。

 

正しい金銭感覚を養うためにも、ショッピング枠現金化を利用しないことをおすすめします。

続きを読む≫ 2017/02/27 16:31:27 2017年02月

新しいショッピング枠現金化の方法として一躍人気になったAmazonギフト券現金化ですが、最近その動向がどうも雲行き怪しくなっていることに皆さん気付いているでしょうか。

 

某Amazonギフト券現金化比較サイトを見てみると、その半分くらいはリンク切れになってました。でも業者のホームページはちゃんとあります。
これはどういうことかというと、比較サイトに載せているリンクは広告用のリンクで、そのリンクが切れていたということは広告を取りやめたということですね。

 

比較サイトに載っている業者は比較サイトにお金を出して、あたかも利用されているような紹介の仕方をしてもらっています。利用者がその紹介から申し込みをすると広告費として比較サイトにお金が渡るのです。

 

広告を取りやめたということになると、新しい利用者を募らないということになります。新規のお客を取らないと言うことは、そろそろ閉店準備が始まる業者なのかもしれません。

 

Amazonギフト券現金化は出てきた当初はそれこそキャッシュバック方式のショッピング枠現金化業者よりも還元率が高く、クレジットカードが利用停止になるリスクもありませんでしたが、Amazonギフト券現金化は詐欺のマネーロンダリングの温床にもなりやすく段々と営業が問題視されていきました。

 

また、クレジットカード会社もAmazonギフト券が登場した当初は購入にそれほど口うるさくはありませんでしたが、Amazonギフト券の換金性が段々と高くなり、Amazonギフト券買取業者が増えていくと購入に制限をかけたり、あきらかに換金目的での購入の場合クレジットカードの利用停止、強制解約にまで踏み切りました。

 

この流れでAmazonギフト券現金化業者は一気にその数が減少しました。
今でもAmazonギフト券現金化を行っているのは、キャッシュバック方式を併用した業者か、もしくはその系列の御者でしょう。

 

Amazonギフト券現金化はそれこそ換金率はいいものの、購入した利用者にショッピング枠現金化の危険性を碌に説明しない業者ばかりです。クレジットカードは信用が第一。もしショッピング枠現金化をしたことが把握されてしまうと、今後クレジットカードが利用できないばかりか、新しく発行することも難しくなるでしょう。

 

利用するのは各々の自由ですが、消えゆく業者と一緒に自分自身も消えてゆく羽目になっては目も当てられません。
もしショッピング枠現金化を考えているのならば、そのリスクと危険性をしっかり説明してくれる業者を選んだ方がいいと言えるでしょう。

続きを読む≫ 2017/02/16 13:04:16 2017年02月

審査も手間もなく即日で現金が手に入るショッピング枠現金化ですが、換金を目的とした決済の全てが規約違反に該当します。

 

これだけでもリスクの一つに数えられるのに、これとは別に業者の中でも悪徳業者が存在する為に、利用には様々なリスクがあることを理解しておかなければいけません。

 

そもそもの話、クレジットカード会社との規約違反ということですが、法律違反であるかというとグレーゾーンであることには変わりありません。

 

ショッピング枠現金化はショッピング枠専用の枠を換金している行為なので、クレジットカード会社にとっては換金されるべきではない枠を現金に換えられている為、利用者に騙されているということになります。

 

ショッピング枠で購入したものは支払いが終わるまではクレジットカード会社に所有権がある事はあまり知られていないようですが、これを勝手に売ることはクレジットカード会社の物を勝手に横領したとみなされてしまうのです。

 

このため、クレジットカード会社では、換金性が高い商品やジャンルをシステム的に管理しており、機械的&人為的作業の組み合わせによって早い段階で検知しているのか、購入後から間もなく連絡が入るという仕組みが出来上がっているのです。

 

売って現金になりやすいものを買っているということは、それを売って現金を手に入れているという認識があるワケですから、これを当然クレジットカード会社は横領されて黙っているはずがありませんので、疑惑のある利用者に対してはクレジットカードの利用停止、使用したショッピング枠の一括弁済を求めます。

注意する事項の優先順位を付ける

まずは換金性が高い商品の購入をしない事が最もリスクの低い方法です。

 

一個人でショッピング枠現金化を実現しようとした時に陥りやすい初歩的な問題ですが、専業である業者はこれをクリアできるからこそ存在意義があります。

 

かといって、悪徳な営業方針が存在しているということも理解するべきです。

 

特徴としては、利用者に都合のいいことしか言わない傾向があり、還元率が高い、すぐできる、リスクは全くないなどの言葉で利用者を誘惑します。

 

初めて利用する人は特にですが、ショッピング枠現金化のことについて全く何も知らないで利用しようとすると、このような悪徳業者に騙されてしまうことになります。

 

ショッピング枠現金化は手数料がかかることや、リスクがあるということを全く説明しないが為に、利用した後の利用者が訳も分からないままクレジットカードが止まってしまうということが後を絶ちません。

 

率直に言ってショッピング枠現金化を安全に利用することなどできません。

 

利用自体がリスクになる事を理解した上で比較検討していただき、多少なり知識を身に着ける事が出来れば換金における手順が持つ意味、店員の説明から何が考えられるのか等、物事を俯瞰して考察する事が出来るはずです。

 

最も、業者を選ぶ際にはリスクや注意事項を説明してくれる店員を見つけ出す事が先決です。

続きを読む≫ 2017/01/26 16:25:26 2017年01月

ショッピング枠現金化というグレー感たっぷりの商売ですから、当然世間的評価はあまりよくないとされています。

 

この事はすでに何年も前から周知され、実際に逮捕者を生み出してもなお営業が続けられている業種であり、法の抜け道がまだある事を想像させます。

 

貸金業法等では厳格にこうしたサービスを違法とした扱いはしておらず、その他買取や景品表示に関連する法律もありますが、ショッピング枠の換金手段として買い物をする事が必要不可欠なワケですから、購入される商品のその後の行方など勝った人次第というところがポイントなのかもしれません。

 

送料の罠

見積もりの詳細の中で使われる項目の一つとして送料というキーワードが使われることがあります。

 

これは換金方法として挙げられるキャッシュバックと買取の両方に使われるのですが、ショッピング枠という特性上何かを購入し、何かが送られてくることを意味します。

 

Amazonギフト券を用いられている場合には、基本的にEメールアドレスでの取引で完了するために、もし、 このワードが店員の口から発せられた場合には「こいつをちょろまかしてやろう」という姿勢を表すものと理解して電話を切りましょう。

 

業者が換金に使っている商品によって大きさが異なる事は仕方がない事ですが、その商品に対して送料が高すぎる場合につきましても同じことが言えます。

 

振り込み手数料の罠

さらによく使われる名目として振り込み手数料が挙げられます。

 

皆さんはATMやネットバンキング等で振り込みをした経験はありますでしょうか?経験のある方ならご存知かもしれませんが、メガバンク以外の信用金庫やJA等の金融機関は割高ではあるものの、高いと言いましても数百円の世界です。

 

前述した送料につきましてはAmazonギフト券の場合には関係が無いということでしたが、此方は買い取ったお金を振り込む関係上すべての換金方法で関わってくる項目であると理解してください。

 

当然この項目に数千円以上もの見積もりを出す店員がいましたら、「利益を上げるためのカモにされている」と認識し、此方も一応丁寧に「やっぱりいいです」と断りを入れましょう。

 


 

優良店の方程式を比較サイト等で探したとしても、結果的に悪徳店だったら何も意味は有りません。

 

最終的な答え合わせが電話対応にある、と当サイトでは考えます。

続きを読む≫ 2016/12/15 14:14:15 2016年12月

2016年の1月からマイナンバー制度が本格始動しますが、この制度に問題はないのでしょうか?他国で使用されている番号制度には大きくわけて3つの種類が存在しています。

 

ドイツのセパレートモデル、オーストリアのセクトラルモデル、アメリカ、スウェーデン、韓国のフラットモデルです。

 

このうち日本のマイナンバー制度はアメリカのモデルを参考にして考えられたと言われていますが、アメリカではこの制度が大きな社会問題となっており、「なりすまし犯罪」や「情報売買」「個人情報の拡散」「犯罪者に悪用される」などの行為が横行しているのが現状です。

 

日本での今回の導入にあたり、安全で心配が無いと政府は明言していますが、実際問題としてアメリカの事例を見る限りでは安心はできないと考えられます。

 

人知れず借金をしているが会社や周囲の家族・知人にはばれたくないという方は「情報売買」によりもっと肩身の狭い思いをすることになるかも知れません。

 

ましてや、これから借金・融資を受けるにはどうすればいいのかということを考えると不安ですよね?そこでショッピング枠現金化が総量規制依頼、再度金策の選択肢として注目が集まる事が予想されます。

 

ショッピング枠現金化もその関わりが発生する事が懸念されます。

 

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠の2種類があり、普通借金をする場合に使うのはキャッシング枠のことを想像されると思いますが、このショッピング枠現金化というものはショッピング枠を利用しての借金ができる為、会社や周囲から見ても借金をしているということがバレません。

 

どうしても用立てをしなければいけない、ジョーカーとしての担い手で有りますが、換金したお金につきましては所得扱いになる恐れが一つ懸念材料で有る事が考察され、今後の業者の対応に注目が集まります。

 

どの様な形で現金を手にするのか、内容を知らない限りは何も考えられませんので、換金手段についてご説明します。

 

ショッピング枠現金化には2種類の方法があります。

  1. キャッシュバック方式
  2.  

    利用者が業者から商品をクレジットカードで購入し、その商品のキャッシュバックが利用者の元へ還元されるというものです。

     

    商品も家に届きますので忘れないようにしましょう。

     

  3. 買い取り屋方式
  4.  

    これは業者が出品したものをクレジットカードで購入し、その後利用者が落札した商品を出品して業者に買い取ってもらうというものです。

     

    この方法だと商品が家に届くこともないので人の出入りが多い所にお住まいの方には便利だと思います。

還元されたお金、買取して受け取ったお金の取引が、今後どのように扱われるのか・・・まだ何とも言えないのが今現在の状況で有り、中には悪徳業者もいますので自己責任の要素はこれまでと変わる事は無いでしょう。

 

全体的に安心・安全なサービスとは言い難いですが、いざとという時は活用されることも選択肢の一つとして捉えてください。

続きを読む≫ 2015/11/25 14:09:25 2015年11月