クレジットカード現金化に潜む危険について

ショッピング枠現金化業者を比較する前に概要の把握を

ショッピング枠現金化に潜む危険について当サイトでは注意喚起を込める意味で開設しています。

 

このサービスの概要とは、ショッピング枠現金化を仲介する者とショッピングサイトを経由して取引を行うことで現金を手に入れることができる方法です。

 

また、商品券やゲーム、ブランド品の転売で現金を手に入れるといったことも含まれます。

 

換金を実現する為の手段として、大きく分けて2種類の方法があります。

  1. 購入した商品に高いキャッシュバックが付いていて、商品の購入と同時にキャッシュバックが銀行に振り込まれるタイプ
  2.  

  3. 指定された商品を落札した後、その商品を出品して業者に買い取ってもらうタイプ

2つを比較するとキャッシュバックが振り込まれるタイプのほうは手 続きが簡単で、振り込まれるまでの時間もかかりません。

 

一方、業者に買い取ってもらうタイプは自分で商品を出品しなくてはならない為、アカウントの作成をする手間があります。

 

しかし、キャッシュバックタイプと違い、商品が手元に届くことなくショッピング枠現金化が行えるところが人によっては面倒ではないと考えるかも知れません。

 

商品券やゲーム、ブランド品の転売に関しては、一旦手元に届いた商品を売る形になります。

 

この為、ショッピング枠現金化業者を通す場合に比べて現金化できるまでに時間がかかり面倒ではありますが、自分で商品落札から店で売るまでの手続きを行うので詐欺を行う者に引っかかる心配がありません。

 

自分で実行するにしても第三者を通して換金するにしろ、この仕組みで金策を行っている人はこれらの方法のいずれかを使用していると思いますが、実はこの方法を使用している方は法を犯している可能性があるのです。

 

特に自分で実行された方の多くがお気付きかと思いますが、商品券やゲーム、ブランド品を売買した場合は自分の意思と行動でやっていることですので、どこに違法性があるのかで既にご承知の方は多いはず。

 

常に問題視されてしまう理由として、クレジットカードを使用している点にあります。

 

クレジットカード決済で購入された商品は、その返済が全て終わるまでは発行元ににその所有権があります。

 

その為、返済が終わる前に商品を手放してしまうことは「横領罪」として立派な犯罪行為になってしまいますよね?人から借りたものを勝手に売ってはいけません・・・それと同じことなのです。
また全発行元はショッピング枠現金化を規約で禁じていますので、換金をする行為自体が「詐欺罪」にあたります。

 

今まで利用者側が逮捕されたという例はないのですが、それは少額での立件が発行元にメリットがない為で、今後ショッピング枠現金化を利用する方が増えてくると、まとめて立件されるといった可能性が無いわけでもありません。

 

まず金策をする前に、このような危険が潜んでいることを覚えておきましょう。

 

ショッピング枠現金化は比較が肝心

 

同じショッピング枠現金化でもその方法や店員次第では、元々グレーと言われるサービスですが、よりブラック色を感じさせることもあります。

 

比較サイトも業者の数に匹敵するほどに確認が出来ますが、やたら特定業者で固まっていたり、メリットしか述べられていない記述を確認した場合のURL先を調べてみますと、何やらコード的な記述を発見することも有りますが、おそらく広告収入を目的に作られた比較サイトであると判断する事も出来ます。

 

しかし、ネットに詳しくない方(通称:情弱)の方がそのようなサイトを閲覧しても、その判別は極めて難しい作業です。

 

一昔前には、中高年はこのような通信端末を毛嫌いする方が多かったのですが、今では若者と変わらないように上手に使いこなす中高年が増えている中で、興味の有る事は何でも検索結果から導けることが良い事とは言え、閲覧するサイトによっては悪意あるスパムウェアがセットされていたり、ステマと呼ばれる嘘偽りの情報を流すページも有ります。

 

このように、私たちは常に誰もがWebに騙される危険性に晒されています。

 

ショッピング枠現金化に置きましては、比較サイトのランキングだけを気にしていれば問題無いと言う事は一切ありません。

 

初心者におけるミスリードを誘った誇大広告が多い為なのですが、「それじゃあ比較サイトの意味は何?」という話になってきますが、それはズバリ、掲載されているそのサイト独自の情報コンテンツを見る事が重要です。

 

情報量の多いショッピング枠現金化の優良情報サイトの数は限られています。

 

特に最近は、googleの検索結果の変動によって比較サイトの順位がバラついており、たまに中身が薄っぺらいのにも関わらずSEO対策をバッチリ決めた、サイト紹介しかされていないページが上位表示されているなど、お客さん目線で必要なページが露出されない現象が起きています。

 

おそらく、高い報酬を得ているのでしょうか?サイト管理者のFacebookやtwitterなどのSNSのリンクが有りましたので、閲覧させていただきましたが平日にも関わらず悠々自適な生活を送っているんだなと感じられる日記を見る事が出来ました。

 

我々が涎を垂らす程に羨ましい生活を実現されているのですが、その方が私利私欲で日々を送る事が出来ているのも、我々貧乏人のショッピング枠現金化比較検討者が業者で申込みして利用したことによる報酬ということです。

 

これで分かっていただけましたよね?本当に確認すべき比較サイトは情報量の多い特徴を持っており、その量が多ければ多いほど信用に値します。

ショッピング枠現金化というグレー感たっぷりの商売ですから、当然世間的評価はあまりよくないとされています。

 

この事はすでに何年も前から周知され、実際に逮捕者を生み出してもなお営業が続けられている業種であり、法の抜け道がまだある事を想像させます。

 

貸金業法等では厳格にこうしたサービスを違法とした扱いはしておらず、その他買取や景品表示に関連する法律もありますが、ショッピング枠の換金手段として買い物をする事が必要不可欠なワケですから、購入される商品のその後の行方など勝った人次第というところがポイントなのかもしれません。

 

送料の罠

見積もりの詳細の中で使われる項目の一つとして送料というキーワードが使われることがあります。

 

これは換金方法として挙げられるキャッシュバックと買取の両方に使われるのですが、ショッピング枠という特性上何かを購入し、何かが送られてくることを意味します。

 

Amazonギフト券を用いられている場合には、基本的にEメールアドレスでの取引で完了するために、もし、 このワードが店員の口から発せられた場合には「こいつをちょろまかしてやろう」という姿勢を表すものと理解して電話を切りましょう。

 

業者が換金に使っている商品によって大きさが異なる事は仕方がない事ですが、その商品に対して送料が高すぎる場合につきましても同じことが言えます。

 

振り込み手数料の罠

さらによく使われる名目として振り込み手数料が挙げられます。

 

皆さんはATMやネットバンキング等で振り込みをした経験はありますでしょうか?経験のある方ならご存知かもしれませんが、メガバンク以外の信用金庫やJA等の金融機関は割高ではあるものの、高いと言いましても数百円の世界です。

 

前述した送料につきましてはAmazonギフト券の場合には関係が無いということでしたが、此方は買い取ったお金を振り込む関係上すべての換金方法で関わってくる項目であると理解してください。

 

当然この項目に数千円以上もの見積もりを出す店員がいましたら、「利益を上げるためのカモにされている」と認識し、此方も一応丁寧に「やっぱりいいです」と断りを入れましょう。

 


 

優良店の方程式を比較サイト等で探したとしても、結果的に悪徳店だったら何も意味は有りません。

 

最終的な答え合わせが電話対応にある、と当サイトでは考えます。

続きを読む≫ 2016/12/15 14:14:15 2016年12月

2016年の1月からマイナンバー制度が本格始動しますが、この制度に問題はないのでしょうか?他国で使用されている番号制度には大きくわけて3つの種類が存在しています。

 

ドイツのセパレートモデル、オーストリアのセクトラルモデル、アメリカ、スウェーデン、韓国のフラットモデルです。

 

このうち日本のマイナンバー制度はアメリカのモデルを参考にして考えられたと言われていますが、アメリカではこの制度が大きな社会問題となっており、「なりすまし犯罪」や「情報売買」「個人情報の拡散」「犯罪者に悪用される」などの行為が横行しているのが現状です。

 

日本での今回の導入にあたり、安全で心配が無いと政府は明言していますが、実際問題としてアメリカの事例を見る限りでは安心はできないと考えられます。

 

人知れず借金をしているが会社や周囲の家族・知人にはばれたくないという方は「情報売買」によりもっと肩身の狭い思いをすることになるかも知れません。

 

ましてや、これから借金・融資を受けるにはどうすればいいのかということを考えると不安ですよね?そこでショッピング枠現金化が総量規制依頼、再度金策の選択肢として注目が集まる事が予想されます。

 

ショッピング枠現金化もその関わりが発生する事が懸念されます。

 

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠の2種類があり、普通借金をする場合に使うのはキャッシング枠のことを想像されると思いますが、このショッピング枠現金化というものはショッピング枠を利用しての借金ができる為、会社や周囲から見ても借金をしているということがバレません。

 

どうしても用立てをしなければいけない、ジョーカーとしての担い手で有りますが、換金したお金につきましては所得扱いになる恐れが一つ懸念材料で有る事が考察され、今後の業者の対応に注目が集まります。

 

どの様な形で現金を手にするのか、内容を知らない限りは何も考えられませんので、換金手段についてご説明します。

 

ショッピング枠現金化には2種類の方法があります。

  1. キャッシュバック方式
  2.  

    利用者が業者から商品をクレジットカードで購入し、その商品のキャッシュバックが利用者の元へ還元されるというものです。

     

    商品も家に届きますので忘れないようにしましょう。

     

  3. 買い取り屋方式
  4.  

    これは業者が出品したものをクレジットカードで購入し、その後利用者が落札した商品を出品して業者に買い取ってもらうというものです。

     

    この方法だと商品が家に届くこともないので人の出入りが多い所にお住まいの方には便利だと思います。

還元されたお金、買取して受け取ったお金の取引が、今後どのように扱われるのか・・・まだ何とも言えないのが今現在の状況で有り、中には悪徳業者もいますので自己責任の要素はこれまでと変わる事は無いでしょう。

 

全体的に安心・安全なサービスとは言い難いですが、いざとという時は活用されることも選択肢の一つとして捉えてください。

続きを読む≫ 2015/11/25 14:09:25 2015年11月

近年は従来型のショッピング枠現金化方法よりも、事業者側のリスクヘッジと新たな広告展開を可能とするAmazonギフト券を換金する仕組みが広く導入されています。

 

中には取り入れていない業者もあるようですが、いずれにしても換金が目的な事は変わっておらず、あくまでも消費者目線からよりダーティーなイメージを払しょくさせるための戦略と、これまでショッピング枠現金化を謳った広告展開に規制が掛かっていたために、これを突破する目的でも導入された経緯が推測されています。

 

際立って業者側の決済に関するトラブルは全てAmazon側に責任の所在が発生しますので、決済手数料を決済代行会社に支払いをすることも無くなり、業務内容としても非常に効率化できる仕組みとして、ギフト券を換金する市場が業者に出品を促しているという情報も比較サイトなどで既に確認されています。

 

ただ単純に市場を開いていても出品されるギフト券が無ければ意味が有りませんので、出品者ならびに消費者に周知させる事に広告費を投入しなければなりませんが、今現在のamatenの様に周知されたことによって固定客や新たなるギフト券の使い方として、次第に認知されるように至りました。

 

しかし、ここ近年はショッピング枠現金化のみならず、あらゆる商品やサービスの対価として現金で無くギフト券を決済手段として悪用されるケースが目立ち、特に振り込め詐欺関連で口座を止められるリスクを最小限に留めることが出来るとして換金市場を用いた資金洗浄に一役買っていることが予見されています。

 

そしてついに、金融機関が動いたのです。

 

詳細を言ってしまえば金融機関が独自に口座を凍結する事ももちろんですが、公安から要請が有ったことも推測され、換金市場側では会員向けのプレスでしか発表がされておらず、公けに今の状況を説明できない状態となっております。

  1. 楽天銀行
  2. ジャパンネット銀行
  3. ゆうちょ銀行

これらが現在凍結中と予想されており、公式ではシステムトラブルという名目で利用が出来ない状況を説明しておりますが、利用者の口コミを見ますとその口座を表示・確認出来ないようになっており、これをシステムトラブルという一言で表すことに疑問が消える事はないですよね。

 

これを裏付けるように、電子マネー・電子ギフト券を用いて詐欺を働いていたグループが一斉に摘発されており、捜査の詳細は明らかにされていないものの何等かの関連性を疑う余地は十分に出揃っている為に、換金市場が終わるという懸念がされています。

 

換金市場が無くなれば、Amazonギフト券買取タイプの業者は買取ったギフト券をAmazon内の商品を購入し、それを転売するほかないでしょう。

続きを読む≫ 2015/10/25 18:30:25 2015年10月

商品券などの金券をいただくことが多く、毎回それほど高額のものをいただくわけでもないのですが、結構な量の金券類が溜まってしまっていました。

 

ショッピング枠現金化する為に購入する知人が、利用しようとしていたところの買取率が明らかに40%で中抜きの金額が普通じゃないという相談を受け、あまりにも可哀相でしたので友人から買い取っているのです。

 

ある日、結構な量になりかさばってしょうがないので、とりあえず金券類の枚数と大体の額を計算してみました。

 

すると合計136枚、1つ辺りの額は500円から1000円のものが多く、全部でざっと10万円くらいであるということがわかりました。

 

これはうまくすれば臨時収入になると思いましたが近くに金券ショップがなかったのでネットで売れないか検索をしてみると、ネットでも金券買い取りをしてくれるショップがあったので売ってしまおうと考えました。

 

大体のものは信販系のギフトカードだったのでかなり高い換金率であることがわかり、思わず笑みがこぼれてしまいました。

 

コツコツ貯めたというか溜まってしまっていて煩わしいとさえ感じていた紙切れ同然のものが売れるとわかった途端、現金なもので紙の山が宝の山に見えてきてしまいました。

 

いいえ、実際に宝の山といって良いでしょう・・・私は早速そのサイトを通じてほとんどの金券を売りました。

 

いくつかのものは残念ながら買い取りの対象とはなっていなかったので諦めましたが、対象となっているものの枚数を1つ1つ数えなおし、値段をきっちりつけていくと11万とちょっとくらいの金額に上ることがわかりました。

 

お陰でなんと11万近くの額面の換金に成功しました。

 

ざっくり計算したときには10万だと思っていたので、嬉しい誤算でした。

 

手数料も送料がちょっと掛かった程度で済みましたし、数を数えなおして値段を計算するのには骨が折れましたが、ゴミと思っていた山も片付けられ現金も手に入れることができ、一石二鳥とは正にこのことだと思いました。

 

今回得たお金で使いくたびれたカバンから新しいブランド物のカバンへと新調することができました。

 

それでもまだお金は残っているので、しばらくお昼や帰宅途中に寄るお店で贅沢ができそうです。

 

日ごろ金券類が溜まってしょうがないという方は、近くに金券ショップがないからと諦めずに、ネットの金券ショップをうまく活用してお小遣いをゲットしてみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2015/09/30 17:33:30

クレジットカードのショッピング枠を利用してお金を換金することができます。

 

このようなやり方はショッピング枠現金化と呼ばれています。

 

方法としては、現金化を行う業者とクレジットカードのショッピング枠を使って取引することで現金を手にいれたり、商品券やゲーム、ブランド品などをネットで購入してネットで転売したり、近くのショップで売ったりして換金したりといったやり方があります。

 

現金化業者を利用した場合は、「キャッシュバック方式」と言われるやり方と「買い取り方式」と言われるやり方があります。

 

「キャッシュバック方式」とは、業者に指示されたサイトからキャッシュバック付きの商品をクレジット決済で購入することでキャッシュバック=現金を手にいれることができる方法です。

 

「買い取り方式」とは、業者に指示されたサイトから商品をクレジット決済で購入し、その商品を出品して業者に買い取り直してもらうことで現金を手にいれることができる方法です。

 

今あるショッピング枠現金化業者の中では「キャッシュバック方式」を使ったやり方が多く採用されているようです。

 

一方、自分で商品券やゲーム、ブランド品などをネットで購入して売る方法は全てを自分で行う為に手間がかかりますが、誰にも知られることなくこっそりと現金化が行える点がメリットといえるでしょう。

 

しかし、この業者を通す方法と自分で現金化を行う方法のどちらも実は危険なのです。

 

どこが危険なのかピンと来ない方も多いかと思いますが、問題はクレジットカードを使用しているところにあります。

 

クレジットカードで購入した商品というのは、クレジットカードでの返済が終わるまでは実はその所有権というのがクレジットカード会社にあるのです。

 

現金化とはクレジットカードの支払いを行う前に現金を手にいれる方法ですから、この所有権を無視した行為をしていることになります。

 

これは「横領罪」に問われる危険があります。

 

発行元が所有しているものを売るわけですから当然の事ですよね?そしてショッピング枠を利用したお金の換金を発行元は利用規約で禁じているので、ショッピング枠現金化を行ったということがばれればそれは「詐欺罪」という罪に問われることとなります。

 

今まで発行元から実際に訴えられたという人はいませんが、だから無実というわけではなく、れっきとした犯罪行為との呼び声も有りますから、今は大丈夫なのかもしれませんが次第に無くなっていくサービスであると言えそうです。

続きを読む≫ 2015/09/30 17:01:30